一軒家

エコキュートで環境にもお財布にも優しい生活ができる

水回りをキレイに保つ

手を洗う人

タイミングとメリット

家の中でも「水回り」と呼ばれる「洗面台」は、他の部屋に比べると、傷みが早いといわれています。もちろん、使用頻度や家族構成などにもよりますが、一般的に新築から15〜20年でのリフォームが望ましいといわれています。ちなみに、この年数に達するまえであっても、洗面ボウルにヒビが入ってしまったり、ガラスが割れてしまったり、水の出が悪いなどの不調を感じた場合には、早めに修理またはリフォームすることも必要といえます。洗面台のリフォームの最大の特徴は、「最新のものに替えることができるので便利になることが多い」という点です。洗面台は日々新しいものが開発・販売されています。また、新しい洗面台にリフォームすることによって、節水や節電に繋がるということもあります。

重視するポイントとは

では、実際に洗面台をリフォームしようとなったときには、以下の点に注意が必要です。まずは、「高さや大きさ・利便性」に注意しましょう。洗面台といっても、いろいろな種類があります。その家ごとに合う大きさは異なりますので、大きすぎて入らない、小さすぎてかっこ悪いということにならないようにしましょう。また、どんな機能を重視するか、そこも選ぶ際のポイントとなります。例えば、シャワーをよく使うので、洗面ボウルは大きめが良い、鏡が大きいものが良い、とにかく収納が一番などです。他に、「信頼できる業者に頼む」というのもリフォームのポイントです。料金表示や信頼度、施工例などを確認し、失敗のない洗面台リフォームができるとことに依頼しましょう。